1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 賃貸管理は正しい価値で提供しよう

賃貸管理は正しい価値で提供しよう

あなたの賃貸管理の値段は何%が妥当ですか?

その問いに、いつも向き合っていますか?

 

自分の商品に値段を付けるのは
とても難しいものです。

商品を提供している多くの人が
本来の価値より低めの価格設定をしてしまう
と言われています。

「高いと売れないのではないか」
と考えてしまうのが販売者心理です。

 

 

正しくは、
価格と提供する価値は等しくあるべきです。

あなたの賃貸管理が提供する価値が高ければ
5%という呪縛に縛られる必要はありませんし、

「他社は3%で引き受けてくれる」という
大家さんの言葉に迷うこともなくなります。

 

「それは分かるけど難しい」という意見も承知です。

簡単なら誰もが出来てしまうので
また価格競争に巻き込まれてしまうのが道理です。

難しいから、取り組む価値があるのです。

 

 

重要なのは、

あなたの賃貸管理が
大家さんに価値を提供出来ているのか?

その価値は賃貸経営に悩む大家さんの
要望に応えているのか?

ということです。

 

 

もちろん、あなたは別だと思いますが、

賃貸管理を始めた多くの方が

賃貸管理とは
家賃集金やクレーム処理や退去立ち会いを
大家さんの代わりに行う仕事であり、

その価格は3%~5%が標準らしい、
と考えて

「右へ習え」で決めています。

これが、
ほとんどの管理会社さんの実態だと思います。

 

ここには価格戦略も

お客様により多くの価値を提供しよう

という発想もありません。

ただ、代わりに作業をして
その労働に値する金銭を要求するだけです。

 

そのような賃貸管理が必要とされる時もありましたし、

いまでも、それを求める大家さんはいますが、

あなたも同じ商品と価格で「いいのか」を
問いかけていただきたいと思います。

 

断言しますが、
その管理を続けている限り
賃貸管理の値段はさらに下がります。

1%や2%で受ける業者も出てくるし、

「無料」で引き受ける会社もあるでしょう。

建物と入居者さんを管理させてもらえれば
他にキャッシュポイントを見つけることが出来るからです。

相続対策、資産活用を目的とすれば
賃貸管理は「無料でいい」という戦略は
当然にあり得ます。

 

単なる「作業の代行管理」なら
行き付くところは「価格競争」しかありません。

 

 

仮に平均賃料が6万円で
1000室(戸)の管理をしていたら

5%で300万円の管理料収入です。
6%で360万円の管理料収入になります。

1%の違いが60万円にもなり、
これがそのまま純利益になります。

でも3%になったら
180万円の管理料収入になってしまいます。

 

「180万円だとしても固定収入は魅力だ」
と仰る方がいるかもしれませんが、

あまりにも消極的すぎると思います。

それでは現場が疲れてしまい
将来につながる投資ができません。

 

賃貸管理は戸数が増えるほどに
効率化と相まって収益性が良くなり、
さらに将来に投資して成長が加速するという

スパイラルが“あるべき姿”です。

3%では増えるほどに現場が疲弊して
将来の展望が見えてこないと思うのですが
いかがでしょうか。

 

 

「明治のカールが東日本で販売終了」
というニュースが話題になっています。
とたんに品薄になり、
ヤフオクで「一袋300円」で取り引きされています。

販売終了は8月なりに、
スーパやコンビニの店頭から消えました。
カルビーの「ビザポテト」も同様です。

価格と価値の関係がよく表れています。

 

 

 

あなたが
「当社の賃貸管理の価値を上げよう」

と思えば、そのように動き出します。

 

つぎに「価値とは何だ?」と考えて
その答えを求めてインプットが始まるでしょう。

 

「価値を上げよう」
「賃貸管理を変えよう」

と思わなければ何も始まりません。

 

 

あなたの賃貸管理の値段は何%が妥当なのか?

その問いに、いつも向き合っているか?

 

賃貸管理の未来を
戦略的に考えてみてください。

 

 

新井の書籍です。
「シンプルな賃貸管理を増やす技術」
⇒ http://amzn.to/2rG4YZw

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です