1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 賃貸リノベをマスターする方法。

賃貸リノベをマスターする方法。

空室を早く決めるための手段として
リノベーション提案をすることがあります。

原状回復工事だけでは
古くなった物件の競争力を維持することは
難しいですよね。

かといって、
ただ古くなった水回り設備を取り換えるだけ、
壁や天井のクロスを張り替えるだけの
いわゆるリフォーム工事では

工事費用ばかりがかかる割には
差別化を図ることは難しいでしょう。

新しいなら新築には太刀打ちできないのです。

そこで、
新しくするだけでなく
新たに価値を付け加えることのできる
リノベーションが着目されている訳です。

しかし、リノベーションは
「費用がかかり過ぎる」と
思っている方が多いのではないでしょうか。

そんなに家賃は取れないので
採算に合わないよ・・・と。

リノベーション=費用が高額

というのは誤った認識で
それは「フルリノベ」をするときのことです。

リノベーションとは
間取などを変更して
「いま」のお客様のニーズに
合わせることです。

デザイン性を高めて
部屋のコンセプトを変えることです。

それはアイディア次第で
ローコストでも可能なのです。

リノベーションの予算は
その部屋の募集賃料によって決まります。

5万円しかとれない部屋なら
予算の上限は150~180万円くらいに
なるでしょう。

もし3DKで50㎡の部屋だとしたら
間取りを1LDKか2LDKに変えて
床と壁と天井でデザイン性をアップしたら
水回り設備を替える予算は残りませんね。

だから、
そのまま使うことを選択します。

そこに工夫があるのです。

このようなリノベ工事は
リフォーム工事業者さんなら
「誰でもできる」と思うかもしれませんが
そうでもありません。

リフォーム工事と
リノベーション工事が同じでないように

リフォーム工事業者さんなら
リノベ工事にも精通している
という訳でもありません。

だから、管理会社が
オーナーに価値のあるリノベ提案するなら

リノベ工事に精通した
工事業者さんを知ることも必要です。

なかなか、奥が深く
簡単で無いのが「賃貸リノベ」のようです。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です