1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 家賃集金だけの賃貸管理でいいのか!?

家賃集金だけの賃貸管理でいいのか!?

管理料は20%をもらうべき!?

先日「賃貸管理オタク」の会合が
某所で秘密裏に行われました。

このメンバーは現在4名で、
自他ともに認めるオタクばかりです。

メンバーは
管理の現場で活躍している人。
士業として賃貸管理をサポートしている人。
僕のようなコンサルタント。
などで構成されています。

秋には4人でセミナーをやろうと
盛り上がりました。

その会合の席で
メンバーの行政書士先生が
「管理業者さんはオーナーさんから
20%の管理料をもらうべき」
と主張していました。

聞けば機会があるごとに、
そのように仰っているのだそうです。

いま、5%の管理料が
4%3%と下がりつつあるときに
「20%とは剛気だな」と思って聞いていましたが、

それぐらいの意識を持たないと
これからの「賃貸管理の危機」は
乗り切れないのかもしれません。

賃貸管理で5%がもらえるのは幻想!

本当に賃貸管理の未来が心配です。

オーナー様の代替わりが進んで、
親の代の「付き合い」がなくなったら

「ただ賃料を集めてもらうだけの管理」に
5%を支払い続けてくれるだろうか、
という危惧です。

「賃料を集めるだけの管理」とは
ずいぶんな言い方ですが、
実際にそのように感じている
オーナー様は多いのではないでしょうか。

考えてみると
「賃貸管理で5%がもらえる」というのは
もはや幻想です。

ここ数十年 続いた慣行でしかありません。

昭和20年や30年の前半に
管理料を払うという慣行はなかったけれど、

その後に生また賃貸管理には、
「5%の価値」があったので普及しました。

不安や不便を感じていたオーナー様に
役に立てたから5%管理が認められたのです。

つまりオーナー様は、
賃貸管理だから5%を払うのではなく
そこに「価値を認めた」から5%を支払ったのですね。

その価値が
気付いてみたら無くなりつつあるのです。

いまは、
家賃集金と催促は保証会社がやってくれます。

「集金と催促」という管理業務が
現場からなくなって管理会社は楽になりましたけど、

その分 実は、
賃貸管理の価値が減ったのです。

外部委託が増えて管理が楽になるほどに
将来はオーナーが利用できるようになると
賃貸管理の価値が減っていく・・・

という構図なのかもしれません。

入居者の募集ですら
ネットとAIの融合と発達で
オーナーが直(じか)に
できるようなるかもしれません。

管理料20%を堂々ともらうには

さて・・・・

だから「賃貸管理に未来がない」
と暗い話をしているのではなく

「管理料を20%ほしい」
くらいの発想の転換がないと
この危機は乗り切れないと思うのです。

昭和30年40年に生まれた5%管理は
その時代のオーナーに役に立ったから普及しました。

では現在のオーナーは
不便や不安を感じていないのか、というと

昭和30年40年のオーナーより
もっと大きな不安に直面しています。

だから
役に立てるチャンスは増えているはずです。

それを見つける必要があります。

その答えやヒントは
今までの延長では見つからないでしょう。

「なんとか5%を守ろう」という考えは
昭和30年の5%管理の上に立った発想だからです。

「20%をいただける価値とは」
という大胆な発想が必要なのだと思います。

その「答え」を完全に掴んではいませんが、

僕の考えるキーワードは、

「緊密な人間関係」

「安心と保証」

「入居者さん」

「現場に行く頻度」

「設備とメンテナンス」

「コンサルタント」

など中にも「あるのでは」
と思っています。

ぜひ、
一緒に探しましょう。

次回もつづきです。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です