1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. あなたの賃貸管理に価値はありますか?

あなたの賃貸管理に価値はありますか?

賃貸管理の価値を示す秤(はかり)

高い管理料をオーナー様に
堂々と請求できるようになるために・・・・・

昨日のメルマガの続きです。

見逃した方は
そちらを先にお読みください。

⇒ http://www.geonetwork.co.jp/?p=3121

ここに秤(はかり)があります。

左側には
あなたの賃貸管理の価値を決める
いくつもの錘(おもり)が乗っています。

どんな錘(おもり)かというと、
たとえば・・・・

毎月 家賃を集金して報告してくれる。
クレーム・トラブルに対応してくれる。
更新契約をして更新料を確保してくれる。
退去立ち合いをして原状回復工事をしてくれる。
高い稼働(入居)率を維持する仕組みと実績。
賃貸経営に役立つ情報を提供。
毎月 顔を出して話し相手になってくれる。
毎年 旅行に招待してくれる。
他社より安い管理料。
週に一回は現場に行って報告。
安くて質の高い日常清掃。
毎月 詳細なレポートを提出。
強い仲介力(店舗網)。
相続対策の提案力。
質が高く安い原状回復工事。
設備と建物を定期点検して報告。
長期修繕工事を提案してくれる。
適正な大規模修繕工事を提案。
一括借り上げで安定家賃を提供。
原状回復工事保証をしてくれる。

この続きは社内で考えてください・・・・

そして秤(はかり)の右側には
あなたの希望する管理料率という錘(おもり)が
乗っています。

この秤(はかり)の均衡がとれていない
(とオーナーさんが感じたら)

管理は委託されないか、
値引きを要求されることになります。

この秤(はかり)は見えませんが
実際に存在しています。

もし、この秤(はかり)が見えて、
大きく右に傾いていたら、

つまり、価値よりも管理料率が高かったら
「良い商品」「売りやいす商品」とは
言えません。

それでも、
ネームバリューや紹介があれば
秤(はかり)のバランスが悪くても
管理契約をとることはできますが、

オーナー様の満足は得られません。

時間が経てば
良い結果にはなりませんよね。

常に提供する商品の価格より
与える価値の方が上回っていることが理想です。

あなたの「見えない秤(はかり)」には
どんな錘(おもり)が乗っていますか?

そしてその秤(はかり)は
バランスが合っていますか?

あるいは少しでも、
右側に傾いていますか?

このままでは賃貸管理料は下がるばかり

昭和40年から平成初年頃までは

毎月 家賃を集金して報告してくれる。
クレーム・トラブルに対応してくれる。
更新契約をして更新料を確保してくれる。
退去立ち合いをして原状回復工事をしてくれる。

以上の錘(おもり)だけでも
管理料5%の価値を認めていただけた時代でした。

しかし現代は、

家賃集金は保証会社がやってくれるし
更新や原復工事は専任媒介でもやるし
「御用聞き」だけのクレーム処理なら
オーナー自身でもできるので

5%の価値を認めてもらいにくくなっています。

オーナーの収入が減っている現実や
賃貸管理の供給者が増えていることも

この流れに拍車をかけています。

増え続ける投資家オーナーは
さらにシビアです。

多くの賃貸管理の現場で
秤(はかり)のバランスを合わせるために
管理料の値下げで応じているとしたら

まさに自分の首を絞めることになるでしょう。

ますます管理の質が下がり、

つまり左側の錘(おもり)が軽くなる
という悪循環を招いてしまいます。

職場の環境もブラックに近づきます。

もし、この秤(はかり)が見えるなら
左の錘(おもり)を増やしたり
重くするための算段をしますよね。

だから、社内で話し合っていただいて
この錘(おもり)のリストアップを
していただきたいのです。

あなたのリソースを活かした
錘(おもり)を増やしていただきたいのです。

もう一度、メルマガのトップに戻って
僕が掲げた錘(おもり)リストに
追加をしてください。

そして右側に、
20%の錘(おもり)を堂々と乗せることを
目指しましょう。

少なくとも
そういう意識が必要です。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です