1. ホーム
  2. オーナー向けのメッセージ , トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 安否確認にドキドキ

安否確認にドキドキ

今回は賃貸物件での「安否確認」についてのお話です。

「部屋の中で倒れているかも!?」 何年経験しても、
この連絡を受けるとドキッとします。
賃貸管理の仕事でトップクラスに不安な作業が、
この「安否確認」なのです。

でも、オーナー様の資産を守り、
入居者様の安全を確認するためには、
避けて通れない大切な作業です。

安否確認の依頼は、
親御様や勤務先の上司さんが多いのですが、
「何日も連絡が取れない」とか
「無断欠勤して電話も通じない」などと
言われると緊張が走ります。

他の業務の予定を変更して
最優先で出動する事になります。

まず最初に問題となるのは
「鍵を開ける正当性」です。

30年くらい前なら「連絡がとれない」
「滞納している」と言って、
鍵を開けてしまう強気な大家さんや
管理会社がありましたが、

それは犯罪であると
認識されるようになってきました。

鍵は管理会社が予備を
保管しているのが一般的なので、
緊急時に鍵を開けて室内を
確認することは可能です。

でも、賃貸物件は大家さんの
所有物であるとはいえ、
入居者に貸している以上は
他人の権利が存在する部屋となります。

正当な理由なく入室すると、
住居侵入罪ということで
立派に刑法犯となってしまうので
簡単にはいきません。

そんなリスクを冒してまで、
許可がないのに入室するのは
「なぜか?」と言えば、

「室内で倒れている可能性があるから」です。

これを放っておいたら、
もっと大変な事態になってしまうので、
リスクを冒してでも鍵を開けることを
選択せざるを得ないのです。

さて、結果はどうかというと、
「単純に不在だった」とか「部屋で寝ていた」という、
特に問題ない事態が9割以上で、
実際に倒れていたケースは1割以下でした。

という事は、
結構な確率で問題ない部屋の鍵を、
本人の許可なく開ける事になるのですが、
いままで刑事事件として訴えられた事は
一度もありません。

トラブル防止の為に必ず
警察官に同行を依頼していますし、
「人命最優先で開けました」と説明すれば、
ほとんどの人は怒ったりしません。

警察官が同行しても適法になる訳ではありませんが、
警察官も「人命救助のやむを得ない状態」
であると判断してくれていますし、
万が一の事態が進行していたら、
その時は対応を引き継いでもらう事ができます。

リスクを冒してまで入室する理由として
「人命最優先」を挙げましたが、
もうひとつ、私たちの重要な使命が、
「オーナー様の所有物件を“事故物件”にさせない」
ということです。

深刻な事態が進行しているのを見逃すことで、
重大な事故がオーナー様の物件内で
起こることを防せぐ必要があります。

安否確認だけでなく火災や盗難や災害など、
賃貸管理の緊急時には素早い判断と
適切な対応が求められることが起こりますので、
対応する現場スタッフは、
この様な事が現実にある事を想定して、
「心の準備」をしています。

この賃貸経営リスクに備えることも、
賃貸管理スタッフには大切な心構えです。

残り1割以下の「残念な出来事」については、
別の機会に書かせていただきます。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です