1. ホーム
  2. 賃貸管理ブログ >
  3. オーナーの役に立つ管理をしよう

オーナーの役に立つ管理をしよう

これからしばらく「リニューアル提案」というテーマで書きたいと思います。




このブログの主要テーマは「賃貸管理を増やす」ことですが、

そのための基本は「オーナーの役に立つ賃貸管理」を行う」ことです。


何をしたら役に立つのか?

それは、オーナーさんによって異なりますね、

オーナーの賃貸経営をする目的によって・・・・・と言ったほうがいいでしょう。


何にしても「あまり役に立てない賃貸管理」をしていたら、

管理を増やすのに苦労します。


あまり役に立てない管理とは?


たとえば、オーナーの代わりに作業をするだけ・・・・とか。

家賃集金や、

トラブルを処理するだけとか、

更新契約をこなすとか、

退去の立会と敷金精算とか、

共用部分の清掃とか。


「どれもこれも立派な管理じゃないか」と言うかもしれませんが、

これでは一部のオーナーさんの役にしか立てませんね。


時間がない

何をしていいか分からない

でも、収益は、そこそこあがっている


というような「一部」のオーナーさんには役立てる管理でしょう。


でも、現在の多くのオーナーさんは、もっと「ほかのこと」で困っています。

それが解決できる管理でないと「あまり役に立たない管理」に分類されてしまいます。



・・・・・といううよな話は、このブログで、最初から主張していましたね。



さて、そこで、

困っている代表格として、「築年数が古く、空室が多く、収益力の下がった物件」があります。

これを所有しているオーナーさんは多いです。しかも増えていきます。


これを再生させて、もう一度「稼げる賃貸物件」にすることができるなら、

それは「役に立つ賃貸管理」ではないでしょうか。


そんな「リニューアル提案」について、話を進めていきたいと思います。



お楽しみに・・・・

 

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です