1. ホーム
  2. 賃貸管理ブログ >
  3. リニューアル提案の未来は明るい

リニューアル提案の未来は明るい

管理を増やそうとしたとき、「リニューアル提案」から入るのは、「とてもいい」方法だと思います。

その理由は・・・・・

まず、「決まりにくい物件」を管理で預かるのは避けた方がいいです。

 

ひとつは、全体の入居率が下がってしまいます。

入居率こそ、オーナーさんに訴える実績の代表ですから。

 

そして、決めるのに苦労します。

築年数が古いから苦労するのではなく、

ユーザーのニーズに合っていないから苦労するのです。

どうせ預かるなら、競争力のある状態にしてから預かった方がいいです。

次の理由は、困っているオーナーさんが多くいるからです。

 

築年数が経てば、それに応じて「手を加えないとダメ」なのに、

そのことを知らないオーナーさんが多いのです。

「建てれば貸せる」という、ハウスメーカーや不動産業者の甘言に応じて建てたオーナーさんは多くいます。

中には「○年、一括借り上げ」とか言われて、10数年後に強引な「値下げ交渉」をされて、

否応なく自主管理に変わったオーナーさんもいらっしゃるでしょう。

 

困っている方が多いということは、マーケットが大きいということです。

3番目の理由として、ライバルは、まだまだ多くない、ということです。

 

リニューアルは、単なるリフォームではありません。

古い物を新しくすればいい、というものではないのです。

「ユーザーはどんな部屋を求めているか」という、マーケティングの発想が必要です。

そのことに一番詳しいのは、入居募集の最前線にいるあなたです。

 

その、ユーザーニーズに応えるリニューアルを、低コストで行うノウハウが必要です。

 

そして、その計画をオーナーに納得いただけるようなプレゼンテーション力も必要です。

そのためには、「投資分析」を分かりやすく説明できるスキルも、これまた必要です。

 

だから、まだまだライバルは多くないのです。

最後に、築年数が20年を越える物件は、これからも増えてきます。

20年くらい前に、アパート・賃貸マンションの供給が増えたからです。

以上の理由から、

管理を増やすなら「リニューアル提案」は、最も可能性のある方法なのです。

 

いま、ノウハウがなくても、作り上げていけばいいと思いませんか。

 

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です