1. ホーム
  2. オーナー向けのメッセージ , トップ >
  3. 【賃貸トラブルの現場レポート】トラブルの多い物件の共通点とは?

【賃貸トラブルの現場レポート】トラブルの多い物件の共通点とは?


賃貸住宅のトラブル案件を引き受けた時は、
必ず現場に足を運ぶことにしています。

資料だけでは細かい部分が分からないからです。

トラブルというのは、
家賃滞納だったり賃借人からのクレームを
多く受けるようなケースです。

年間200件は私のところに舞い込むでしょうか。

受託する事件の数だけ、
トラブルになった現場を見ていることになります。

驚くことに、
トラブルになる物件には共通の特徴があります。

さらに言えば、
トラブルのある物件イコール「空室の多い物件」なのです。

集合ポストが乱れている物件は狙われる

トラブル物件の共通点で絶対的に言えることは、
物件の管理状態が「必ず悪い」ということです。

具体的には、共用部分が汚いとか
駐輪場の自転車が整列されてないとか、
ゴミステーションが荒れているとか、

そういうことを含めて乱れているのです。

特にエントランスが分かりやすく、
目立つのは集合ポストです。

今の時代、
DM等のチラシが投函されてしまうので、
1週間も放置しているとポストは
パンパンになってしまいます。

定期的に取り除かないルーズな性格の賃借人、
もしくは見たくない都合の悪い郵便物が
送られてくるような賃借人のポストは、
必然的に汚いのです。

私が自主管理大家さんから空室の相談を受けた時は、
定期的に物件に出向いてポストのチラシを
撤去するよう勧めています。

たまに空室のポストにチラシが入れられないよう
ガムテープを貼る大家さんがいますが、
これはやめた方がいいです。

「この物件には空室が何部屋もあります」
と告知しているようなものです。

犯罪目的の借主と家賃滞納者の共通点とは?

空室が多く管理されていないような物件は、
犯罪目的で部屋を借りようとする
人たちにとっては好都合です。

彼らは、自分の顔を見られたくないので、
そのために、
わざわざ管理されていない放置物件を選びます。

物件の管理を行き届かせるということは、
それだけで物件から犯罪者を遠ざけることに
もつながります。

滞納する人も犯罪者と共通面があります。

家賃滞納する人はルーズな性格なので、
そのタイプの人はこまめに督促されるのが
鬱陶しいと感じます。

そのため管理の行き届いているような物件を
彼らは積極的に借りようとしません。

また家賃滞納している人の大半は
他に借金のある人ですから督促状がよく届きます。

そのような物を見たくないので、
ポストを放置するのでしょう。

今の時代は必要なことはメールやチャット等で事足りますし、
恋文が届く時代でもありません。

彼らにとってポストは
不要なものという認識かもしれません。

そう考えると、集合ポストを最新の物にすることで、
良い入居者を確保できるかもしれませんね。

現場の小さな変化に気付くことが大事

家賃滞納も含めて賃貸トラブルを避けるためには、
まずは「綺麗にしておくこと」と
徹底的に管理を行き届かせることです。

そうすることで、良い入居者を確保することができます。

その上で、ほんの僅かな変化にも大家さんが気付くことです。

気が付いたらすぐに対処する。

これで賃貸経営におけるトラブルの大半は解決できると、
年間200件の経験から申し上げることができます。

僅かな変化に気がつくこと。

そのためには物件の状況を、
常に把握しておく必要があるので、
相談を受けた大家さんに伝えているアイディアがあります。

物件に行くたびに同じアングルから写真を撮りためておくと、
僅かな変化に気がつきやすくなります。

月に数枚の写真を見比べるだけで
トラブルの芽を見つけることができます。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です