1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. オーナー営業は未来への投資

オーナー営業は未来への投資

前回のつづきです。

いま、新しいスタッフとしてA君が入社したとします。
彼の希望は「営業職」です。
彼に何を担当させたら良いでしょうか?

リーシングスタッフとしての職務でしょうか?

A君を2~3ヶ月程度の研修期間を経て、
リーシングスタッフとして、デビューさせたとします。
入社して6ヶ月も経てば、
80万~100万円の仲介料を
稼いでくれるようになるかもしれません。

会社にとっては「今日食べる飯」として貴重な戦力ですね。

もし会社が、「今日を飲まず食わず」に過ごしている状態なら、
A君に、すぐに稼いで貰うしか選択肢はありません。
「未来に投資」している余裕はないのです。

でもA君が、いくら他社物件を決めて手数料を稼いでも、
オーナーさんは、誰も感謝はしてくれません。
褒められるのは物元である「他業者」です。

A君は仲介手数料が稼げて
喜んでいるかもしれませんが、
その売上は「その月」だけのことで、
将来には何も結びつきません。
それを承知で、
とりあえず「今日の飯」を確保するしかないとしたら、
将来は、本当に不安ですよね。

「このままではダメだ」と、
誰でも気がついているでしょう。

スタッフの1人か2人は、
「未来への投資」のために活用しなければいけません。

では、
A君に「オーナー営業」を担当させたらどうでしょう。

6ヶ月は実績がゼロかもしれません。
(ゼロということはありませんが)

でも次の6ヶ月は、
60室くらいの管理を取ってくるでしょう(最低でも、です)。
平均6万円の地域なら
月額18万円の管理料をもたらします。

(60000円×5%=3000円  60室×3000円=180000円)

次の1年は150室くらいの管理を取ってくるでしょう。
(これも最低でも、です)

月額45万円の管理料をもたらします。
合計で63万円の管理料増ですね。

もちろん、更新料、オーナーバックフィー、
リフォーム売上などは含めていません。

3年目には、
彼がリーシングで稼ぐ100万円に、
彼が取った管理料の、月額売上が追い付きます。
かなり控えめに計算したとしても・・・・です。
(実際には1年で追いつくと思います)

このように投資をしなかったら、
会社はずぅーと、
「今のために」仲介手数料を稼ぎ続けるしか、道がありません。

今回は「新人の例え」で説明しましたが、
・3人のリーシングスタッフのうち1人を「仕入担当」に、
・3人のリーシングスタッフ全員の、3分の1のエネルギーを「仕入活動」に、
・管理担当も含めた全員の、何分の1かのエネルギーを「仕入活動」に、
など、いろいろな配分は考えられます。

まず、
「何が何でも増やそう!」と決めてください。
そうすれば、このメールマガジンが、必ず役に立つはずです。

「何となく参考までに見よう」、というスタンスだと、
多分、参考にはなりますが、
何も変わらないとと思います。

つづく

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です