1. ホーム
  2. オーナー向けのメッセージ , トップ >
  3. 閑散期の対策をしましょう!

閑散期の対策をしましょう!

繁忙期が終わると閑散期というオフシーズンに入ります。
今回は、この時期に大家さんがすべきことは何か、を考えましょう。

残念ながら繁忙期に空室が決まらなかった大家さんは、この閑散期での客付けに向けて動き出さなければなりません。
大家さんに知って頂きたい事は、入居者さんの立場から見た繁忙期と閑散期のお部屋探しが違うように、大家さんの立場から見た繁忙期と閑散期の入居者募集は違うと言うことです。じっくり探す人が多くなりますので、そういう人の心をつかむような仕掛けをする必要が有るのです。お部屋探しのお客様の気持ちは、お客様を日々接客し、たくさんの物件を見ている営業マンが一番知っています。
繁忙期に決まらなかった理由や、閑散期にどうしたら決まるかを、ぜひ彼らに相談して下さい。

 さて、時間のある閑散期は、細かい部分の見直しを行いましょう。
以下にいくつかの見直し項目を挙げてみます。
原状回復だけではカバーできない細かい部分のリフォームは、時間のある閑散期にこそ行うべきです。
クリーニングで取りきれなかった水回りのコーキングのカビや黒ずみは打ち直してしまいましょう。
水垢が取りきれない浴室の鏡や水栓金具は思い切って交換しましょう。
コンセントプレートやスイッチプレートが黄ばんでいたり割れていたりしたら、新品に交換するととても印象が良くなります。
費用対効果が高いリフォームだと思います。

 建物のエントランス周りを見直してみましょう。
エントランスに入った時に、暗くありませんか?管球の種類を変えるだけで随分明るくなる場合もあります。
ポストの周りにチラシは落ちていませんか?
どうしてもチラシがたまるなら、デザインのシンプルな蓋つきのゴミ箱を設置するのも良いアイデアです。
ポストの号室やネームプレートの塗装が剥げていませんか?
テプラを貼り直すだけでも綺麗に見えますし、プラスチックのプレートもインターネットショップで安く買える時代です。
エントランスホールが有るなら、植物や絵を飾ってみる、間接照明をプラスするなども、内見時の第一印象アップに効果が有ります。

 敷地内のごみ置場は綺麗ですか?
ごみ置場が汚れていたり、回収されない粗大ごみが残っていたりすると、せっかくお部屋を気に入ってくれたお客様の「ここに決めようかな」と思う気持ちを鈍らせてしまいます。
ごみ置場をきれいに保つのはなかなか大変ですが、入居者に分別についての呼びかけを行ったり、徹底的に清掃をしてみるなど、行動を起こせば目に見える効果が出る場所です。

 駐輪場に壊れたりパンクしたりして使えなくなっている自転車はありませんか?
また、自転車が増えすぎて駐輪場からあふれたりしていませんか?
使わない自転車をわざわざ自分で処分するのは面倒なので、そのまま放置している入居者もいるのではないでしょうか。
不要な自転車の調査を行い、まとめてオーナー側で処分するのも一つの方法です。自治体によっては安価に処分出来ますので、地域の清掃事務所に相談してみて下さい。

植栽は枯れてしまっていたり、伸びすぎたり、植栽の中にゴミが入り込んでいませんか?
敷地に緑があると良い雰囲気になりますが、定期的にお手入れをしないと逆効果になりかねません。
夏になると植栽はさらに伸びますので、今の時期には自分で出来る範囲で少し手入れをしておくと良いと思います。

 共用階段の下や、廊下に入居者さんの私物が置いてありませんか?
これらも地道な呼びかけや注意が必要で時間がかかりますが、廊下に私物がたくさん置いてあるのは初めて見に来た人にとっては興ざめなものです。
消防上の観点からいっても避難の妨げになりますので、時間をかけてでも解決して頂きたい問題です。
閑散期にゆっくり探しているお客様はこういう細かいところもしっかりチェックする方が多いのです。
こういう細かいことは、即効性は有りませんが、確実に物件価値を上げることが出来ますし、一度やると効果が長続きします。
既に入居して下さっている方のためにも良いことですし、長期入居に繋がるかも知れません。

 時間は掛かりますが、閑散期にしか出来ないことです。まずは出来るところからやってみてはいかがでしょうか?

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です