1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 大家さんが頼みやすい賃貸管理メニューとは

大家さんが頼みやすい賃貸管理メニューとは


⇒ 動画視聴無料プレゼント【大家さんにリノベ提案②】
管理会社のリノベ提案の実態
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=awlwaa

 

今回は管理メニューのお話しです。

あなたの特徴(強み)を活かした
賃貸管理を作りましょう、

と何度も書きました。

それを分かりやすく表現した
賃貸管理メニューを作り上げましょう。

これが、
言いたいことのひとつです。

しかし、
もっと大事なメッセージがあります。

それは、
複数の価格ラインのあるメニューを
用意しましょう、

ということです。

たとえば、
管理戸数1000戸の管理会社が
2社あります。

どちらも家賃単価は同じです。

片方の管理会社の平均管理料率は5%です。
もう片方は3.5%です。

同じ1000戸なのに
管理料売上がゼンゼン違いますね。

これは、
管理料率を高くしよう、という
戦略的な観点があるかないかの差です。

たとえば管理メニューに
5%管理しか用意されてなかったら
平均の管理料率は5%以上には
絶対になりません。

中には値引きに応じる契約もあれば
平均で5%を下回ることでしょう。

しかし、
ここに7%のメニューが用意されていれば、
平均が高くなる可能性が生まれます。

一方で、
いきなり5%の料金は敷居が高く
二の足を踏んでいた大家さんでも、

もっと安いメニューがあったら
「頼んでみるか」と考えるかもしれません。

このように複数の価格ラインを勧めるには
理由があるのです。

特に動画の中では
「価値の階段」という概念について
解説しています。

不動産業界で、
この概念を聞くことはないでしょう。

あなたの商品戦略にとって
重要な概念ですので、
ぜひ、ご覧になってください。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です