1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. コロナ時代に管理を増やす方法

コロナ時代に管理を増やす方法

よく「どうやって管理を増やすの?」
と聞かれて

「大家さんから選ばれる管理をすることですよ」
と答えるのですが、

すると
「そんなことを聞きたいんじゃなくてー」
と不満を言われてしまいます。

「そんなこと分かってる」
と言うことなのでしょうが、

でも「大家さんに選ばれる商品」がなかったら
売り込むのは苦労しますよね。

だから、
「管理を増やすのに苦労してる」
ということになるのですが、

僕としては「増やし方」を探すより
「選ばれる賃貸管理のあり方」
を模索する方が先だと思っています。

賃貸管理の基本は
困っている大家さんの賃貸経営の役に立つこと
だと思います。

「役に立つ」という定義は
大家さんによって違うので一概には言えませんが

このコロナ渦の時に大家さんが困っていること

と言い換えるなら想像するのは難しくないのではないでしょうか。

飲食店や旅行業者と違い
新型コロナによって
いきなり家賃収入が半減した大家さんは
少ないと思いますが、

これから徐々に
ボディブローのように
様々な障害が起こってくると思います。

それに対する大きな不安を大家さんは感じています。
それは漠然とした不安です。

ワクチンが完成するまでは
感染を恐れて社会が縮小しますから
当然に経済が冷え込みます。

入居者さんの懐具合も影響を受けます。

回り回って賃貸経営にも影響しますが、
それがどんなカタチで襲いかかるか
大家さんにはハッキリとは分かりません。

だから漠然とした不安なのです。

不安を抱えると人は専門家を頼りにします。

だから、
「賃貸管理なんてどこも同じ」 
と考えていた大家さんや

「賃貸管理なんて大したことやってくれない」
と思って自主管理している大家さんは、

「コロナ時代に役立つ管理会社」
というメニューを打ち出してくれたら

任せることを検討してもいい

と考えてくれるはずです。

大家さんは、
「どうやって管理会社を探せばいいか?」
「どうやって管理会社を選べばいいか?」
が分からなくて困っていると思います。

困っても、
街の不動産会社を一軒ずつ訪問する訳にはいきません。

あなたが店の看板に
「賃貸管理のことなら〇〇不動産」
と掲げていても
その大家さんは来てはくれません。

その大家さんが知りたい情報を
その大家さん向けに発信していなければ、
その大家さんと巡り会うのは難しいです。

だから僕のひとつの答えとしては
「コロナ時代の管理の増やし方」
があるのではなく、

以前から
「管理を増やすならこうあるべき」
という方法を訴えてきたので、

それを実践していただくことだと思っています。

大家さんのニーズが見えてきたので
以前より管理が増える実感が湧くと思います。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です