1. ホーム
  2. トップ , 最新のメールマガジンから >
  3. 【賃貸仲介】売上の上がるホームページの作り方ポイント

【賃貸仲介】売上の上がるホームページの作り方ポイント

2020年5月29日に開催したZOOMセミナーの
動画(前編)がご覧いただけます。

都合で参加出来なかったけど
興味のある方はご覧ください。

講師は小林憲人氏ですが、
講義内容を僕なりに整理してみます。

セミナーテーマは
「自社サイトで売上を増やす」
ということであり、

多くの方が願っていることでもありますが、

これでは漠然としていて
有効な対策を選択することは難しいです。

「管理を増やしたい」という願いでも
同じ事が言えます。

要望が漠然としていると
対策は見つからない訳です。

そこでセミナー冒頭で

「ホームページで売上を増やしたいとは
 どういうことなのか?」

という問いを投げかけました。

 いくら増やしたいのか?
 なぜ増やしたいのか?
 増えた売上をどうしたいのか?

ということですね。

賃貸管理でも同じです。

なぜ管理戸数を増やしたいのか?

管理戸数が増えたら

 作業量が増えて
 スタッフが増えて
 経費が増えて
 リスクが増えますよ
 (コロナの場合は感染リスクが増えます)

ということなのですが、

そのマイナス面を理解しながら
何をどうして増やしたいのか?

について考えるべきです。

小林さんは、そのために
「チャンク崩し」という作業を勧めています。

※チャンク崩しとは? 動画を観てください。

次に自社サイトで
売上を上げるための全体像の解説です。

具体的な方法の前に
全体像を知っておくと理解しやすいです。

これには10の項目がありますが、
一番重要なのは「戦略」です。

少し大げさに聞こえると思いますが、
自社サイトの「ターゲット」と「競合」を
決めることです。

たとえば「地域名+〇〇」という
検索キーワードで上位に表示されるのは
ポータルサイトですね。

検索結果の1ページ目の
ほとんどを占められたりします。

でも
ポータルサイトと真っ向から競争しても
勝つことは難しいですよね。

そこで「ターゲット」を絞ります。

 単身向け〇万円以下
 ペットの飼える単身向けマンション

サイトの中の1つのページでなく
サイト全体でターゲットを絞るなら
その狭い分野で地域一番になれるかもしれません。

もうひとつは同じ地域の競合を決めることです。

対策のひとつひとつで
「競合に負けていないか」という
チェックができるようになります。

次に全体像の中の
具体的な対策項目として
以下の8つを挙げました。

 集客
 情報発信
 収益化
 リピート
 コンテンツ
 レイアウト
 デザイン
 システム

集客とは
サイトにユーザーを訪問させることですね。
SEO対策などが思い浮かぶでしょう。

情報発信とは
物件情報や地域情報や会社情報などを
効果的に発信することがテーマです。

収益化とは
いかに「契約」という目的に
到達してもらうかです。

リピートとは、
顧客に紹介や再契約を促すことです。

コンテンツは重要です。
物件情報や地域情報や会社情報などの内容です。
テキストと写真(動画)で構成されますが、
この質と量と新鮮度で競合に勝つ必要があります。

レイアウトとは
ページ内のコンテンツやバナーの配置です。
同じ電話番号でも位置によって顧客反応が違います。

デザインとは、
色やカタチですね。
申込ボタンも色によって反応が違います。

システムとは
あなたが採用したWEB制作会社が
提供しているサイト全体のシステムです。
これは凄く重要です。
このシステムが優れいいないと
日々の努力が報われないかもしれません。

そして最後に
この8つの項目を「運用」で回していきます。
これが10番目になります。
優れたシステムもコンテンツも
毎日止まることのない運用がなければ

売り上がる自社サイトにはなりません。

具体的な作業を検討する前に
この全体像を理解してください。

ここからは8つの項目になりますが、
セミナーでは時間の都合で
「集客」と「コンテンツ」に絞って解説しています。

僕も「目から鱗」の内容でした。
ぜひ、動画をご覧になってください。

なお動画の後編は、
前編の次に表示されるようになっています。

最後にセミナーを聴いて感じたのは
やはり「基本が大切」ということです。

たとえば講義の冒頭で「SEO対策」
という話しになると

「ああ、それなら知ってる」
「もう20年前からいわれてる内容」

などと反応するかもしれません。

勉強している人ほど多い反応でしょう。

でも、自社サイトへの訪問を増やすには
あの基本は欠かせないし、
それが満点の会社はない訳ですね。

それが出来ていないのに
SNSやWEB広告や動画などに力を入れても
やはり効果は限定的な訳です。

今回のコロナで最も有効な感染対策は
「手洗い」と「マスク」です。
100年前と変わっていないのです。

僕は67年の生涯で、
これほど「手洗い」と「マスク」を
意識したことはなかったです。

賃貸管理や仲介の未来は
難しい岐路に立っていると思いますが、

重要なのは「基本に立ち返る」

ということなのだと思いました。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です