1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 管理を増やすなら大家さんを絞ろう

管理を増やすなら大家さんを絞ろう

「オーナーニュースレター活用で
管理を増やすためのビデオ講座」

8本目をお届けします。
本日のタイトルは
「なぜ、大家さんを絞るのか
~ターゲットの絞り方~」です。

こちらをクリックしてください。

あなたの知り合いに
あなたと違うエリアで事業をしている
リフォーム会社の経営者がいて

「賃貸管理を始めたいけど
どうしたら良いだろう」

と相談を受けたとします。

あなたの賃貸管理には影響しないエリアです。

すごく仲の良い経営者さんで、
出来るなら応援したいと思っています。

この社長さんにアドバイス出来ることは
一杯ありますよね。

賃貸管理会社なら常に
原状回復工事やリフォーム工事を
発注しているはずです。

そのたびに業者に工事内容を説明して
見積もりと工事の説明を受けて

工事を発注したあとも

進捗を確認したり催促したり
最後に完工の確認をするでしょう。

本当に、
この工事で良いのかも分からないし
金額が妥当か判断できないかもしれません。

知識が無いということは
相手の言いなりになってしまいます。

それでは、
大家さんの役に立っているのかも
本当は分かりませんよね。

会社さんによっては
さらに利益を上乗せして請求するかもしれません。

このジレンマが
リフォームから賃貸管理に転向した会社なら
一気に解決します。

その分野では、
大家さんの賃貸経営にかなり貢献できます。

これが、
あなたに相談に来た社長さんの
賃貸管理の特徴(強み)です。

それを前面に打ち出した
賃貸管理メニューと
プレゼン資料を用意するように
アドバイスするでしょう。

この特徴(強み)は、

リフォーム会社だから

と言うことではなく
どの会社にも有るはずなのです

それを掘り出して磨いて
「我が社の賃貸管理の特徴」として
宣言してほしいと思います。

たとえば、

会社の歴史もない(設立したばかり)
スタッフもいない(社長と奥様だけ)
賃貸管理の経験もない
飛び込み来店も少ない
ネット集客戦争にかける費用も人手もない

こんな「ないないづくし」でも、

大家さんの代わりとなって
数百社の仲介会社を回ることは
できる訳です。

カリスマ大家さんと呼ばれる人の中には
訪問とFAXで数百から千社以上に
自ら情報を届けている方もいます。

よく客付けしてくれる会社には
ミスタードーナツを持っていったりする訳です。

彼らから情報を収集して
自分の空室に応用したりもする訳です。

だから部屋が決まるのです。

この行為を

大家さんの代わりにやります!

というのも特徴(強み)です。

「ないないづくし」の会社なら
こんな作戦をとることも出来ます。

だから、
特徴(強み)が見つからない
ということはないはずです。

そして、
その特徴(強み)が決まったら

それを求めている物件や大家さんが
当然にターゲットとなります。

これが、
オーナーリストを作るときの
「ターゲットを絞る」という意味です。

今回の動画はこちらです。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です