1. ホーム
  2. オーナー向けのメッセージ , トップ >
  3. よく準備できた賃貸の貸室は自らセールスする

よく準備できた賃貸の貸室は自らセールスする

プレゼントです ↓
⇒ 動画視聴無料プレゼント【大家さんにリノベ提案②】

2022年2月5日のブログで
空室対策とは、
「ただ部屋を埋めるのではなく収益確保を第一と考えること」
そのうえで、

①適正な査定家賃を知る
②投資するかサービスするかを選択する

と提言させていただきました。

結果として、
「それで収益はどうなるのか」という視点で考えることが重要です。

今回は、
繁忙期のうちに部屋を埋めきる方法について
書かせていただきます。

お客様に決めてもらえる部屋づくり

お部屋探しの主流が店頭や雑誌から
インターネットになるにつれて、
お客様の行動が一撃必中型になっています。

本当に見たい物件を絞り込んで内見を申し込むという傾向です。

コロナ禍で人との接触を避けたい気持ちが
さらに拍車をかけているようです。

この、1つの内見物件に選んでもらうために、
上記の2つの原則で決めた募集条件と物件情報を、
インターネットで余すところなく発信することが重要です。

しかし一方で、
お客様はインターネットだけで最終決定をするわけではありません。

実際に現地を訪れて部屋を確認せずに決めることはありませんね。

そこで最後に、
「お客様に決めてもらえる部屋を用意して」
決断の後押しをする必要があるのです。

最初に注意したいのは「臭いと明るさ」

まず、お客様は建物の入り口に立ち、
お部屋までのアプローチを歩きます。

この間に「汚れている」「乱れている」
という印象を与えてはいけませんね。

特に郵便受けに溜まったチラシや
通路に置かれた私物が目につきやすいので、
日ごろの管理が大切です。

これは、入居者さんの満足度とも
深く関係する重要なポイントになります。

そして、内見の本命である部屋の前に立ちます。

このドアを開けたときに最初にお客様が感じるのは、
「臭いと明るさ」ではないでしょうか。

お部屋の間取りとか設備とか、
こちらが見せたいと目論んでいる条件以前の問題です。

人が暮らしていない締め切った部屋は独特の臭いがしますが、
その中でも湿気と下水から上がる臭気は大きな減点になります。

これは、
定期的な空気の入れ替えと、
日ごろの排水トラップへの注水で防ぐことができます。

玄関に消臭剤を置くなどの対策もありますね。

明るさは照明の点灯で解決しますが、
もし空室時に送電を止めていると、
暗い中での内見になってしまいます。

スマートメーターの普及で、
空室時の電気代という経費負担が大家様には増えましたが、
やはり「お客様に決めてもらえる部屋づくり」には
電気は必要だと思います。

単身向け以外の居室は照明器具が付いていない物件もあります。

通電されても器具がなければ電気は生かせません。

一方で、低額で洒落た照明器具が多くなりました。

お部屋を良く見せるという観点からも、
各部屋に照明器具を設置しておきたいと思います。

さらに、空室に設置しておきたい生活用品として、
玄関のスリッパとマット、そして各窓のカーテンを挙げさせていただきます。

「臭いがしない」「必要な明るさがある」
「スリッパ、照明器具、カーテンの3セット」が、
内見に訪れたお客様の期待を裏切らないための基本ラインと考えています。

大家様からのメッセージやプレゼントを

これは、他で紹介されている事例になりますが、
内見するお客様の印象を良くするアイディアとして挙げさせていただきます。

ひとつは、大家様から内見者へのメッセージです。

「数あるお部屋の中から選んでいただき有難うございます」
という御礼とともに、
「この部屋でこう暮らしてもらいたい」
という願いをお客様に読んでもらうことは、
小さな感動を与えるようです。

さらにプレゼントを用意する事例もあります。

たとえば、引っ越し時に必要になる掃除用具や洗剤とか、
トイレットペーパーやティッシュペーパー。

あるいは地元の名産品など。

これらを室内に飾っておいて、
「このお部屋に住んでいただくお客様にプレゼントします」
とメッセージを添えるというアイディアです。

可能ならモデルルームのように飾る

「お部屋をよく見せる」ために
分譲マンションなどで必ず採用されるのが、
家具や家電をセットしてモデルルームのようにすることです。

ガランとした部屋は味気ないものですが、
家具を置くことで生活感がイメージできるだけでなく、
お部屋の価値まで高くなったような印象を与えます。

ただし、経費負担が小さくないことと、
設置と片付けの手間がかかります。

最近では、家具・家電のサブスクリプション
というレンタルサービスも普及し始めています。

パナソニックも大家様向けに、
賃貸住宅に住む入居者をターゲットにした
家電のサブスクリプションサービスを開始したと
報道がありました。

まだ多くの大家様が利用できる状況ではありませんが、
賃貸の近い未来の形態になるかもしれません。

大家様が検討の末に
「魅力的な賃貸条件を設定する」
ことが第1ステップ。

それを、
お部屋を探しているお客様が見つけて内見に来ていただく
ことが第2 ステップ。

そして最後に、
「決めてもらえるお部屋を準備してお客様を迎える」
ことが第3 ステップということになります。

この記事は当社のオーナー向けニュースレター2022年3月号に掲載されたものです。

オーナー向けニュースレターのサンプルはこちらで申し込めます。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です