1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 賃貸で良いと思ったことは「すぐにやる」

賃貸で良いと思ったことは「すぐにやる」

3ヶ月後に英語が話せることを目指して
英会話スクールに通い始めたことを
ブログに書きましたが・・・・・。

もう話せるようになったか?
というと

もちろん「NO!」です(笑)

 

中学1年程度の単語や文法知識で
「十分に大丈夫」ということだったのですが、

レッスンを受けてみて自分が
中学1年のレベルの「はるか下」にあることが
判明しました。

英語の授業を徹底的にサボってましたからね。

ここから這い上がります。

 

 

何にしても
達成できる人と
達成できない人がいますよね。

英会話もそうですが、
ダイエットや
資格の取得や
賃貸管理を増やす目標など

確実にやり遂げる人と
途中で諦める「その他大勢」の人がいます。

その差は何なのでしょうか?

 

何につけても達成できない人は、
新しいアイディアに触れたときに、

「これは良いかもしれないが、
その他の方法も探してみよう」

「これは上手くいきそうだから、
スタッフの意見も確認してみよう。」

というように、

「知る」から「行動」までの間に
時間やステップを要してしまいます。

色々な情報がないと行動ができません。

 

そうして時間がかかって、
結局「何もしない」という反応を続けるのですね。

 

達成できる人は、
「いいね」と思ったら「スグに実行」です。

「本当に上手くいくか?」
「失敗するのでは?」

などとは考えません。

失敗したり壁にぶつかりながら、
修正していけば良いし、
ダメなら「元に戻るだけのこと」と考えます。

そんな意識もなく「即行動」しているのですが・・

 

実際に、
聞いて想像するのと
現実に体験するのとでは
天と地ほどの差があるんですよね。

あなたも経験で知っているハズです。

 

僕は3ヶ月後に英語が話せる確信はありませんが、
行動してみて分かったことはあります。

それは「やるべきことをやったら」
英語は短期間で話せるようになる、
という確信です。

僕がそれを「できるかどうか」です。

 

前回のレッスンで
面白い課題を出されました。

支給されたバッジを
外出中は常に付けることを命令されました。

そのバッジには

I can speak Engulish.
Pleas speak to me!

と書いてあります。

この目的は分かりますよね?

これを見た外国人が
街で英語で話しかけてくれたら

否が応でも
「白人崇拝病」が緩和されて
大きな心理的ブロックが取り払われるのです。

 

全てのスクール生徒がこの指令を受けるのですが、

何人の人が、それを実行するでしょう。

「目的は分かるけどムリムリ」
と感じる人もいるでしょう。

 

でも僕は
やってみようと思いました。

 

街で外国人とすれ違っても
こちらから話しかける勇気は湧かないので、

このバッジに頼ってみようと思います。

これで六本木を歩くのは勇気がいります(笑)

 

さて、

賃貸管理を増やすにしても
ネット集客を増やすにしても

あなたは、そのための方法を
一つや二つは知っているハズです。

 

このブログを欠かさずに読んでいるなら
多くの方法について紹介してきました。

先週に出した電子書籍にも
すべて書いておきました。

「シンプルな賃貸管理を増やす技術」
⇒ http://amzn.to/2rG4YZw

 

あとは「やるかどうか」だけです。

もちろん
「知る」から「行動」までの間に
大きなブロックがあります。

そこは乗り越えるしかないのですが、
動いてみると必ず展開が起こります。

 

その一歩を踏み出すのに
勇気も何も不要です。

ただ「始める」だけです。

 

何でも良いので、
「思ったらやってみる」ことを

「やってみて」ください。

 

そして賃貸管理物件を
確実に増やし続けてください。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

賃貸で良いと思ったことは「すぐにやる」 への1件のコメント

  1. 池邉英司 より:

    確かに、役職が上になればなる程、『知る』から『行動』するまでに要する時間が長くなっている気がします。
    多分、それは『まだ他にリスクはないか?』と結局動かない口実を探していただけかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です