1. ホーム
  2. オーナー向けのメッセージ , 賃貸管理ブログ >
  3. 鍵という賃貸管理のリスク

鍵という賃貸管理のリスク

賃貸管理のリスクの中の「鍵」について
書かせていただきます。

あなたが管理物件の各部屋のカギを
預かっているとして

そのカギが

第三者の手に渡って犯罪に使われたら?

前の入居者が合い鍵を使って侵入したら?

あなたの関係者が合い鍵で侵入したら?

賃貸管理会社には
どんな責任問題が降りかかるでしょうか?

それも、
「窃盗」だけでなく「それ以上」の被害が出たら・・

考えただけでもゾッとしますね。

「鍵の管理」は管理会社にとってリスクである、
と認識することが重要です。

認識できれば
そのための対策を講じる気になれます。

知らなければ
リスクが放置されたままになります。

では質問です。

1.管理物件の部屋の鍵が社内に保管されていますか?
2.その鍵に「部屋を特定する情報」が記入されていますか?

二つともイエスなら、
「第三者の手に渡って犯罪に使われる」
というリスクがあります。

少なくとも鍵に
「部屋を特定する情報」を貼っておくのは
すぐに改めた方がいいです。

あるいは、
破ることのできない金庫で保管してください。

つぎの質問です。

1.借主が入れ替わりのたびに鍵を交換していない
2.借主が拒否をしたら念書を書かせて交換していない

一つでもイエスなら
「前の入居者が合い鍵を使って侵入する」
というリスクがあります。

他人が合鍵など所有していない
安全な住居を貸すのが貸主の責任ですから、
念書を書かせてもイザと言う時に無意味です。

さいごの質問です。

1.鍵は社内の誰でも持ち出せるようになってる

もしイエスなら
「あなたの関係者が合い鍵で侵入する」
というリスクがあります。

関係者とは
会社のスタッフや出入りの業者さん
などのことです。

実際に管理会社のスタッフが
管理物件に合鍵で不法侵入したという
事件は起こっていますよね。

でも報道されたのは一部だけでしょう。

上の質問の一つでも該当するなら
少なくともリスクを認識して

 何らかの対処をするか
 そのまま放置するかを

決めた方が良いです。

リスクはすべてが現実化しませんから
「何もしない」というのも決断です。

ぼくはプログラムの中では
少なくとも以下の行動を勧めています。

 ・管理台帳をつくる
 ・定期的に棚卸しをする
 ・厳重に保管する
 ・管理責任者を設置する
 ・物件名・号室を書かない

一度「鍵の管理」について
社内で話し合ってみてください。

賃貸管理のリスクは鍵だけではありません。

どんなリスクがあるか?
そのリスクは避けることが出来るか?
その方法は?

これらのテーマについても
社内で話し合うことをお勧めします。

そして「リスク回避」の
仕組み化・マニュアル化を進めてください。

Youtubeチャンネル登録はこちらです。
⇒ http://www.youtube.com/channel/UCkmHAoXsFHOy1XzYL7E9F9A?sub_confirmation=1

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です