1. ホーム
  2. トップ , 管理を増やす賃貸管理とは >
  3. 僕は盗みの天才です(賃貸管理のアイディア)

僕は盗みの天才です(賃貸管理のアイディア)

ブログを週に1~3回くらい配信してますが、
これは日記ではなく提言なので
「ネタ」と「オチ」が必要になります。

つまり
何を訴えかけたいのか、
というテーマですね。

「よくネタを思いつきますね」

と言われることがありますが、

実は思いついてなどいないのです。
全部「パクリ」です。

こう書くと物議をかもすかもしれませんが
僕のオリジナルなど ひとつもありません。

他人(ひと)が書いたレポートや
本やセミナーやニュースや
いろいろなソースからインプットしたことを
僕なりにアウトプットしてるだけです。

そもそも昭和60年に賃貸管理を始めたのは
他の会社の「丸真似」ですし、
賃貸管理業務の内容も、
全部、聞いて真似したのが最初です。

自分なりに工夫はしますが
最初は「パクリ」です。

今日の1ブログのテーマも
今朝 届いた他の人のメルマガを
少しパクらせてもらってます。

発明王で有名なエジソンは
訴訟王とも呼ばれいるそうです。

他人のアイディアをパクって
発明を世に出すので
訴えられることが多いのです。

あの天才も最初はパクってるのです。

ピカソの言葉で
「凡人は模倣し、天才は盗む」
というのがあるそうてす。

「盗み方」が才能なのですね。

で、
何を言いたいのかというと

「良い賃貸管理をしましょう」とか
「空室対策を考えましょう」と書いてますが、

具体的な手段は
すべて「パクリ」で良いということです。

オリジナルな発想など不要です。

そもそも「誰もやったことがない」
というアイディアは
「良いアイディアではない」可能性があります。

「良いアイディア」なら
すでに誰かがやっているはずだからです。
真似する方が早いのです。

ただし、ピカソさんも言っているように
「真似の仕方」が重要です。

そこには
自社に合わせた工夫が必要です。

他人は他人の都合で
「そのやり方」を用いて
結果を出しています。

あなたの都合とは違いますので
あなたの都合に合わせる工夫が必要です。

それを怠ると
「結果が出ない」と結論して
簡単にあきらめることになります。

他人が結果を出しているなら
それは良い方法に違いないので

諦めないで自社の都合に合わせて
落とし込むことが大事なのですが、

それを無視して真似だけすると
せっかくのアイディアが勿体ないです。

そこに労した時間も勿体ないです。

この工夫は
自分たちで考えるしかありません。

だからメルマガで何度も
「自分で考える」という文化を
会社に植え付けましょう、と訴えてきました。

「他人の良いアイディアと実績」に
「自分で考えて工夫する力」がプラスできると
最強の仕組みが出来上がります。

「ゼロゼロ賃貸」とか
「リノベ+家賃保証」とか
「オーナーセミナー戦略」とか

実際に成果を出したアイディアは
世にあふれています。

3万円を出せば
成功者がセミナーで教えてくれます。

それを上手にパクるのです。

ただし注意点を申し上げると

「アイディアから入らない」ということです。

他社が成功したアイディアがあるからと言って
すぐにバクることを決めるのはダメです。

そのまえに
自社が抱えるテーマの優先順位が
やや明確になっていて

その目的を達成するのに
「必要なアイディアか?」を検討すべきです。

自分の目的の方向と異なるアイディアは
いくら良いアイディアでも
パクるのはやめた方がいいです。

アイディアだけ知って
「よしやろう」はダメなのです。

極上の空室対策でも
もし「採用と教育」が最優先テーマなら
それはやらないコトです。

管理と仲介手数料が増える!無料メルマガ 賃貸管理戸数を増やし、仲介売り上げを増やすために役立つメールマガジンを無料で公開しています。 →さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です