1. ホーム
  2. 賃貸業界ニュース

賃貸業界ニュース

賃料が立て替えられていても契約は解除できる!?

賃料が立て替えられていても契約は解除できる!?

あるオーナーが、個人ではなく保証会社による保証契約で部屋を貸しました。 すぐに借主は家賃を滞納しましたが、滞納分は、保証契約に基づいて保証会社からオーナーに支払われました。 このケ…

続きを読む

70%がためらう「浴槽・トイレの黄ばみ」

70%がためらう「浴槽・トイレの黄ばみ」

(株)リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)が、お部屋を借りたお客様に「借りるのをためらってしまうような設備と仕様は何ですか」というアンケートを実施。 その回答を紹介いたしま…

続きを読む

「賃貸の判例」から学ぶ 「事故物件を告げずに契約した家主に賠償命令」

「賃貸の判例」から学ぶ 「事故物件を告げずに契約した家主に賠償命令」

あるマンションの一室を借りた男性が、この部屋で1か月前に自殺があったことを入居後に知り、事前に告知をしなかった貸主に損害賠償を求めて訴えるという裁判がありました。 そして貸主に「1…

続きを読む

住宅セーフティネット整備推進事業

住宅セーフティネット整備推進事業

これは、空室(空家)に対して一定の工事を行う場合に補助金が交付される制度です。空室が多く長期化している物件には、ひとつの選択肢と言えます。ただし、子育て世帯や高齢者世帯、障害者等世…

続きを読む

定期借家制度に最高裁の判決

定期借家制度に最高裁の判決

昨年9月に、定期借家による賃貸借契約について最高裁の判決がありました。 ご存知だと思いますが定期借家契約には、 ①公正証書等の書面によって契約する。 ②契約の更新がないことを定める…

続きを読む

繰り返された事故

繰り返された事故

「シンドラーのエレベーター」でまた事故が起きました。 今度は賃貸マンションではなく「アパホテル金沢駅前」ですが、悲惨な事故が繰り返されてしまいました。 業務上過失致死容疑で、シンド…

続きを読む

外国人登録制度が廃止されて、「在留管理制度」がスタート

外国人登録制度が廃止されて、「在留管理制度」がスタート

今日の「ことば」は“在留管理制度”です。 外国籍の方にお部屋を貸しているケースも多いと思いますが、7月9日から制度が変わりました(あまり報道されていませんね)。今までの「外国人登録…

続きを読む

明け渡し遅延損害金「賃料の倍額」は有効の判決。  ~東京地裁~

明け渡し遅延損害金「賃料の倍額」は有効の判決。  ~東京地裁~

東京の適格消費者団体が不動産賃貸事業者(三井ホームエステート)が使用している賃貸借契約書の条項について、「消費者契約法に反している」という理由で、使用の差止請求訴訟を東京地方裁判所…

続きを読む

「更新料、一部返還を命令 「3ヶ月は高すぎる」」

「更新料、一部返還を命令 「3ヶ月は高すぎる」」

今回は貸主側が負けた(?)ケースです。最高裁で「更新料は認められた」はずなのに、どうしたことでしょうか。 賃貸借契約を見ると、家賃は4万8000円で、毎年「更新料」を15万円支払う…

続きを読む

「ビルのオーナーが逮捕 14人死傷の居酒屋火災」

「ビルのオーナーが逮捕 14人死傷の居酒屋火災」

賃貸物件のオーナーが逮捕されました。 東京都杉並区の居酒屋で2009年11月、客と従業員の計14人が死傷した火災で、ビルを所有する会社の社長とビル防火管理者の同社社員、元居酒屋経営…

続きを読む

「また更新料裁判。  ~今度は更新料条項の使用差し止め請求~」

「また更新料裁判。  ~今度は更新料条項の使用差し止め請求~」

京都地裁での更新料裁判のニュースです。「また更新料か」と思わないで下さい。 今までのと大きく内容が違うのです。今回の裁判は「更新料の返還要求」ではなく、契約書の中の「更新料条項の使…

続きを読む

「相続税の増税は2015年1月から」

「相続税の増税は2015年1月から」

政府は1月6日に、「消費税率の引き上げを含む社会保障・税一体改革」の素案を決定しました。 それによると相続税は2015年1月に増税されることになります。 まず、最高税率が55%にな…

続きを読む

「更新料裁判、最高裁以降の裁判すべてで有効」

「更新料裁判、最高裁以降の裁判すべてで有効」

昨年の7月に最高裁で「更新料有効」が言い渡された後の下級審判決は、すべて「有効」と判断されています。 これらの判決のすべてが最高裁判決を引用し、その主旨に従って判断し、消費者契約法…

続きを読む

「督促規制法案、廃案となる」

「督促規制法案、廃案となる」

昨年12月9日に国会で「督促規制法」が継続審議とならずに廃案となりました。 素直に喜びたいと思います。 廃案になったものを詳しく報じる必要もないのですが、「再提出」される可能性もな…

続きを読む

「国土交通省「賃貸住宅管理業者登録制度」の概要を公表」

「国土交通省「賃貸住宅管理業者登録制度」の概要を公表」

国土交通省は、今年12月1日に施行される「賃貸住宅管理業者の登録制度」の概要を明らかにしました。 賃貸住宅の多くのオーナーが管理会社に管理を委託しています。 そのため、賃貸管理の重…

続きを読む

「子育て、高齢者、低所得者向けの民間賃貸空き家の登録制度」

「子育て、高齢者、低所得者向けの民間賃貸空き家の登録制度」

子育て世帯や高齢者世帯や低所得者世帯などを「住宅確保に配慮が必要な世帯」と分類するそうです。 「その世帯」向けに民間賃貸住宅の空き家の登録制度を創設することを国土交通省が検討してい…

続きを読む

「最高裁で「敷引き特約有効判決」のその後」

「最高裁で「敷引き特約有効判決」のその後」

最高裁が3月24日に下した「敷引き特約有効の判決」は、オーナーに“朗報”となるのでしょうか。 「敷引き制度」「関西」限定か 「敷引き制度」は、主に関西圏(中部・九州の一部も)で利用…

続きを読む

「今度は「礼金は無効なので返還せよ」 大阪簡裁で判決」

「今度は「礼金は無効なので返還せよ」 大阪簡裁で判決」

「礼金は消費者契約法10条に違反して無効」という見出しを見たときは驚きました。記事を読んでみると、どうやら影響が限定的な事案なので安心しましたが・・。内容を確認してみましょう。 こ…

続きを読む

国民生活センター「賃貸住宅退去時の原状回復に関するトラブル」

国民生活センター「賃貸住宅退去時の原状回復に関するトラブル」

(独)国民生活センターは3月3日、「賃貸住宅退去時の原状回復に関するトラブル」のレポートを発表しました。 それによると、2006年度以降に相談件数は増加し、2010年度は1万1,6…

続きを読む

「更新料を支払う条項」は使ってはならない。 今度は契約書が訴えられた。

「更新料を支払う条項」は使ってはならない。 今度は契約書が訴えられた。

更新料問題の最高裁判決が話題となっています。 近いうちに最終判断が下される、と報道されていますが、どんな結果が出るのでしょうか。 実は、それとは別の大きな問題が持ち上がっています。…

続きを読む

1 / 212